プロフィール


安彦ハナ

1991年10月21日生まれ。女。新潟県生まれ、現在は関東に住んでいます。

絵の人生

保育園の時に造形教室行っておりその時から図工は好きでした。小学生のときにはじゆうちょうに絵を描くことが多かったです。このときから自分の絵を仕事にしたい気持ちはありました。

しかし中学生になったくらいに同年代で自分よりずっと上手な絵を見てショックを受けてしまいます。それでも下手なのを認めたくなかったです。

高校生のときに二次創作で同人活動をしていたことがあります。結果は20部印刷して6部でした。自分の作るものは魅力ないのかなとか下手だからか…と思うようになります。そして高校卒業したあたりから絵を描くのが辛くなります。

描きたくなくなる

大学生の時は美術サークルと漫研に入って描いていましたが、描きたい絵を描いていませんでした。

そのあと大学卒業してから社会人になってからは4年くらい絵を描くのを楽しめていませんでした。そこの会社は辛くなり4ヶ月でやめ2年半ニートをしていました。そのころにどうせ才能なんかないんだとやけになりもっていた画材やペンタブを捨てました。


そのときプラモデルのデカールデザインの公募で入賞して「お、才能あるんじゃないか」と思いイラストやデザインの公募に何件か応募しました。しかし一件も通らなかったです。そのまま諦め就職しました。

活動を再開する

2017年の12月あたりからまた描き始めました。理由はその時働いていた会社では今以上のことさせてもらえないと思ったからです。またよくあるやりたいことを仕事にしよう系の自己啓発本を読み絵の仕事をしたいのが諦められなかったからです。

2018年から創作活動を開始しました。以降はネット中心に作品の発表をしています。

ブログの内容


内容は絵などの創作が中心の雑記ブログです。

創作について

絵を始め創作するときの気持ちの持ち方や、なるべく楽に容量よく上手く見える創作の方法を書いています。創作のオススメの教本や
作業場所の紹介、お品書きや表紙のデザインの考え方について書いています。

創作以外

創作以外では日常生活で感じる気持ちを考察したり、できない事に対してこういう風にしているという意見を書いています。鉄博など行った施設の感想なども書いています。

ブログを始めたきっかけ


ブログを始めたきっかけは創作を再開した時、講座や上手な方の作品をを参考にしながら作品を作っていくようにしていました。そこでちょっとしたことで作品の質が上がるんだというのに気がつきました。
私は今までとにかく手を動かさないと上手くならないそれができない私はダメだと思ってました。

なので手を動かしまくるという根性的な考えがあり作るのが辛くなっている方の気持ちが少しでも軽くできれば良いなと思い始めました。
楽しくなれば自然と手を動かす時間は増えるのでそういうきっかけになってほしいです。

シェアする