インスタグラムをイラスト発表の場として使う

インスタグラム(以下インスタ)は手軽にイラストを紹介するには良いと思ったことを書いていきます。

スポンサーリンク

特徴

  • 画像を必ず投稿しなくてはいけない
    • ツイッターと比較されることが多いのですが仕様としてはイラスト系SNSよりです。
  • 投稿できる画像のサイズ比率が決まっている
    • 基本が正方形(1:1)で縦長(4:5)、横長(1:1.91)になります。
  • 拡散する機能がない
    • 拡散する機能がないのでハッシュタグをつけて検索されやすいようにします。
  • 投稿はスマホからのみ
    • スマホからしか投稿ができないのでPCにあるデータをスマホにもってくる必要があります。
  • 交流はかなり気軽な感じ
    • フォロワーでない人から「これ好き」って感じできます。

いいところ

いいねもらいやすい

けっこう軽い感じでいいねしてくれる方が多いのでツイッターより多くなります。いいねもらうと嬉しいしモチベーションを維持しやすいと思います。

文字読まなくてすむ

インスタは画像の方が目立つ様に表示されるので自分と合わない意見やとげのある書き方があまり目に入らないです。ハッシュタグしかつけてない投稿もあります。

気になるところ

投稿できる画像の比率が決まっている

作品全体を詳しく見せにくいなと思いました。作品全体見せたいと思っているのでこれは気になりました。

外国語(英語)で応対することが多い

コメントが来ると英語率が高いので一応英語で返しています。とはいっても一言でだけとか絵文字だけなので「Thank you.」という簡単な返しで大丈夫だと思います。

またコメントにいいねをつけられるのでそれだけでも良いと思います。

しかし外国語にアレルギーがあると日本語以外で対応するのがやだなーとなるかもしれません。

スマホのみからしか投稿できない

私はパソコンでイラストを描くこともあり、データがパソコン上とUSBメモリに保存してあるのでそれをスマホに持ってきてから投稿するのが手間がかかるなと思いました。

私はdropboxを使ってデータの移動をさせています。

インスタ用画像作る時にしていること

正方形のサムネでなおかつデフォルトの画像比率が正方形(1:1)なので人物のみとかの作品の場合それに合わせて画像をデザインする方法がいいです。一枚絵として描いたものは私は入らないところは切り取っています。

縦長、横長画像のサムネは真ん中から正方形に切り取られます。真ん中に見せたいものが来る様にするとサムネが綺麗になると思います。

ハッシュタグについて

インスタには拡散する機能がないためハッシュタグをつけるのが重要視されています。

ツイッターだとハッシュタグをたくさんつけるのが嫌われている傾向があります。私はその考えがある状態でインスタを始めたので最初はたくさんつけるのに抵抗がありました。

しかしインスタだとみんなタグをたくさんつけているので慣れていきました。私はだいたい10個つけています。日本語と英語半分ずつつけています。

よく使っているタグ

#イラスト #イラストレーション #デジタルアート #オリジナル #創作

英語は日本語でつけた意味のをアルファベット表記にしたものをつけていることが多いです。

「イラスト」や「イラストレーション」は投稿数が多すぎてすぐ流れてしまうので限定された投稿数の少ないのもいれると見つけてもらいやすいです。私は「クリップスタジオ」など使っているソフトの名前とか入れています。

やっていくこと

投稿作品に統一感を出す

他のユーザーのページ行くと統一感がある方が整っていて綺麗なのでフォローしたくなります。私のページは統一感がないのでやっていきます。

まとめ

イラスト系SNSと比べると投稿できる画像に制限があるが手軽に描いた物でも見てもらいやすく投稿がしやすいです。こんな作品描いていますよというのを簡単に紹介ができるのは良いです。

さらに投稿画像の制限がないSNSや自分のサイトに作品の全体を載せてプロフィールにそのページをリンクしておくと詳しく見せられると思います。

フォロワー54人、フォロー中51人、投稿79件 ― Abiko Hana(安彦 ハナ)さん(@abiko_hana)のInstagramの写真と動画をチェックしよう
スポンサーリンク

シェアする