無糖のブラックコーヒーが飲めるのは大人という心理

無糖のブラックコーヒーは大人というイメージがあります。

飲めないから子供扱いされてしまうなんていう意見も見かけます。

大人というイメージなのは味覚が原因

www.excite.co.jp

苦いのは毒という意識が生き物にはあり子供は本能の方が強いので嫌がるらしい。ピーマン嫌いもそれだそう。

しかし大人になり大人になり
毒ではないと認識する・飲んでいるうちに慣れてくる
というので飲めるようになるようです。

それでも無理をして飲む理由

身体的な理由以外にもコーヒー飲める私カッコいいという気持ちもあると思います。

20歳になり酒が飲めるとなった時に、ビールをそういう気持ちで飲む人はいそうです。

かくいう私もビールを進んで飲んでいた時は
大人…カッコいい…
なんて思いながら飲んでいました。

ビールの苦いのは苦手なままなので今はジュースみたいなお酒を進んで飲んでいます。

といっても工場の仕事を辞めてからほとんど飲まないのでお酒は耐性がなくなってしまいました。

一人前に見て欲しい!

どんな形であれくだらない理由であれ、みんな
一人前としてみてもらいたい
のだろう。

背伸びしたい生き物なのだ。そういうのを感じたら「まあかわいい」という子供をあやす目で微笑んであげよう!

スポンサーリンク

シェアする