漫画で次に意識する描き方3つ

漫画を少し描くようになり、次はこれを意識して描きたいなと思うことが出て来ました。

日常のポーズを描く

背景用の人物を描いている時に
日常の動作が描けていない
なと感じました。

私はどちらかというと一枚絵をよく描いており一枚絵だととにかく華やかにするので非日常のポーズをさせる必要があります。

しかし日常ではウィンクして口を開けて笑って、片足上げながら敬礼みたいな手のポーズなんて普段しないです。(インスタとかSNSにあげる写真撮るとかはその限りではない)

なので日常の動作全然描いていなかったなと改めて思いました。

一昨年に電車でスケッチやってたことがあったのでまたしようかな。日常の動作しっかりみれそうだし。

遠近感あるシーンを描く

遠近感あるシーンがあると表現の幅が広がります。クリスタの3D人形の操作覚えよう。

資料を見て描く

焦っていると資料見ないで想像で描くことが多いです。しかし不自然な絵になったりクオリティが低くなるので探して見る癖をつけたいです。

あとになり気になって
結局資料見て描き直す
となり時間が余計にかかってしまうのでこれは意識していきたいなと思いました。

おわりに

他にもコマの構図が同じになってしまっていたので構図のパターンを増やしていきたいな。

トーンを貼っただけにしないでさらに削るようにするなど上げだしたらきりがないです。

私がこのなかで一番やらなきゃいけないのは資料を見て描くことです。

だから顔だけパストアップでも1ページだけでも完成まで描けたからすごい!

スポンサーリンク

関連記事

服が他人とかぶると気まずくなります。それは自分が作っている作品の構図やデザインが被った時も気まずくなります。 そんな気分になったときの考え方です。 かぶることが悪いという意識がある そもそも世の中も私だけという物を推しているからか余計にかぶるという事が悪いという考えになっている気がする。  一時期のパクリ問題もやりす

コミティアで着て行く服について悩んでいたネタです。クリスタのマンガ機能の練習もかねて描きました。
スポンサーリンク

シェアする