ミニマリストの考え方をやめた話

掃除について私は今はものがあっても良いと思っています。

実践はしていた

断捨離やミニマリストが流行って行ったとき私もそれをしていました。

使っていないものを片っ端から捨てたり、出かけるときに持って行くもの少なくするとか。

生き方にあまり影響が出なかった

行って部屋が綺麗にはなりましたが、自分の軸が定まると言うのはなかったです。今でも他人の意見に流されることはあります。

自分で選んだものだけに囲まれて生活すると言うのはかっこいいし憧れます。

高いものを買って長く使うというのもすごいと思うけど飽き性の私には無理だった。

安いものを短いスパンで買い換えるのも、高いものを買ってずっと使うのも消費するお金がトータルするとあまり変わらなかった。

心が狭くなる

個人的にミニマリストの人たちは自分軸がある私たちすごいでしょ感を感じる。

私自身、散らかってる部屋の人をバカにしているところはあるのでそう言う風に感じるのかもしれません。

同じものを買い直す

使ってないから捨てようで捨てたものの中には買い直したものもあります。

ロリータ関係の本とか服がそれにあてはまります。コスプレも含んだ洋裁関係の本も買い直しました。

好きなものは捨てなくても良いと書いてある本もありそれでも良いのかとなりました。

最後に

掃除関係の本を読むと掃除したくなるんですよね。こういうときってだいたい部屋が散らかってきていたりするからタイミングとしては丁度良いんだろうな。

しかしテレビで見かけるゴミ屋敷レベルならば私は掃除します。

関連記事

自信持たなくてもいいよ

私はイケイケでキラキラしている人に対してうるせーとなる。精神的に体育会系の人が多いんだろう。
スポンサーリンク

シェアする