歯磨きにフロスとワンタフトブラシも使う

私は歯磨きに通常の歯ブラシのほかに、フロスとワンタフトブラシも使います。使って良かったことを書きます。

スポンサーリンク

どんな道具か

どちらも歯と歯ぐきの細かいところを綺麗にする道具です。

フロス

ひも状の道具で、歯の間に通して使います。歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にも使えます。使うのに慣れがいる。

好きな長さに切って使えるヒモタイプと持ち手が付いているタイプの方があり後者の方が使いやすいです。しかし外すときに上に引き上げてしかはずせないため詰め物をしている場合取れるおそれがあるそうです。その場合横からでも外せるヒモタイプのフロスの方が安全です。

メーカーにによって入れやすさやフロフの水分含んだ時のふくらみ具合がや使っているときの繊維の痛みやすさが違うので試して見るといいです。

入れやすさとは、ワックスが付いているとツルツルしているのでいれやすいのとフロス自体が細いとかです。

繊維の膨らみ具合とは膨らむと太くなるので汚れが取りやすくなります。
繊維の痛みやすさとは、耐久性ひくいと繊維のカスが歯の間に挟まり取るのに苦労するからです。

私が使ったのだとどれも一長一短でお勧めできるのがないです。

ワンタフトブラシ

ブラシの形がえんぴつ先っぽのような歯ブラシです。間に入れる事は出来ませんが、歯同士がくっついているところのへこみや奥歯の上側のへこみ、歯の裏側などを綺麗にします。
通常の歯ブラシより少し高いですが細かいところ磨けるとすっきりします。

使っていて良かったところ

口臭が少なくなった

そう感じたなと思えたのはマスクした時です。以前はマスクをすると口の臭いが気になるなと感じていましたが、今は臭いが弱くなりました。あと朝起きた時の臭いも減った気がします。

歯茎が痛くなる回数が減った

歯ブラシだけだったときは、定期的に歯茎が痛くなっていたのですが、使ってからは痛くなるのが減りました。

さらに歯医者で定期健診も受ける

これでさらに歯医者で定期健診受けています。主に歯石取りに行っている感じです。市販の道具ではどうしても歯石が着いてしまうのでプロに任せます。

社会人になってから初めて定期健診行った時にひとつ虫歯があり治療しました。それ以降は治療しなくても良い初期虫歯があるだけで済んでいます。

最後に

人間の歯はサメのように何回も生え変わらないので大事にしたいです。

スポンサーリンク

シェアする