作品の構図がかぶるのが怖いことに対しての考え

服が他人とかぶると気まずくなります。それは自分が作っている作品の構図やデザインが被った時も気まずくなります。 そんな気分になったときの考え方です。

スポンサーリンク

かぶることが悪いという意識がある

そもそも世の中も私だけという物を推しているからか余計にかぶるという事が悪いという考えになっている気がする。  一時期のパクリ問題もやりすぎだと思った。

ある出来事でかぶることの考えが変わった

訓練のチラシ課題で、テーマに対してテンプレなデザインで作るのが嫌だったという人がいた。しかしうまく案が考えられなかった。 先生はそれに対して、テンプレなデザインや色はあっても良いと言っており私はそれを聞いて安心した。

イラスト描いている時にあったこと

私もイラストを描いている時に構図などがかぶるの嫌なのでその人の発表は凄くわかるとなった。 過去にSNSで投稿する用の二次創作のイラストを描いていたら構図が丸かぶりして(しかもそっちの方が上手)ラフ描いたあたりでやめてしまったことがあります。  私が投稿しなくても他の人は萌えを供給できるしとか叩かれるの怖いと思ってました。

今なら構図変えたりする

今だったら構図被ってしまったからちょっと変化つけるかとかやります。  真正面だったからアオリ・ふかんつけるとか、そのイラストは複数人物が絡んでるイラストだったので絡み方に変化つけるとかできる。とかは思いつきます。

絶対にかぶる

作品などでは決まった黄金比とか三分割とかの構図のテンプレートがあるし、垢抜ける構図・描き方はこれという決まりもある。 だから絶対に一部は他人と被ってしまう。  服にいたってはどこいっても同じブランドのチェーン店の服屋しか見かけないのでかぶる。流行りもあるし。  古着屋行かない限り流行りではないデザインの服は置いていないし。

怖いけど見て欲しいから見せる

オリジナルというのは好きな物の集合体だから、真似から入らないと出来ない。だからちゃんと創作したと思えるなら見せた方がいい。  私はパクリ問題が出てきてしまって見せづらくなっているので叩かれるの怖いけど諦めて見せています。 意外と平気だったとわかると抵抗無くなります。  平気だからか今はじゃんじゃん描いて見せてる。そういうことがあったらまあ考える。  好きなものを詰め込んだ作品と明らかにトレースとかしてオリジナル作品と言っているのもが混ざってるからこう言う問題になってんだろうな。

最後に

たまたま被って「パクるな」と言われても「あ、そっすか」でスルーしてくしかないです。 (二次創作も含みで) もしそういうことがあって見せるのが怖いなら、私はひっそりとでも創作活動を続けていきます

スポンサーリンク

シェアする